P1240306-2.jpg

ウチのダイニングチェアは、Yチェアのリプロダクトです。

リプロダクト製品とは、正規メーカー以外の企業が意匠権の期限切れにより、
デザイナーの製品を元に復刻生産した製品で、ジェネリック製品ともいわれます。

Yチェアは、とても素敵な椅子ですが、とてもウチが買えるお値段ではありません。
買えたとしても1脚・・・4脚はとうていムリです。

最初から諦めて、新居用の椅子を探していた時に、
ウチでも買えそうなお値段のYチェアを見つけました。
そしていろいろ調べると、それがリプロダクト製品であることが分かりました。

3年前にウチが調べた時には、たぶんいくつかの企業が、
Yチェアのリプロダクトを作っていました。
お値段・作り方・仕様など、よく見るといろいろ差があるように思いました。

リプロダクトとはいえ、ウチにとっては結構なお値段です。
真剣に悩み検討して、購入するお店を決めました。
そして決めたのは、『NORTE』というこちらのお店です。

→ みずのかぐ a-plan 楽天市場店

実は、4脚のうち1脚にちょっと問題が見つかって、交換して頂くことになったのですが、
きちんと対応して頂けたので、安心しました。

P1240323-2.jpg

ウチのYチェアは、オークです。
3年経って、最初よりちょっと色が濃くなってきました。

心配していたペーパーコードの座面も、多少緩みはでてきていますが、
さほど汚れることもなくきれいな状態です。
なるべく長持ちして欲しいので、ウチではチェアパッドを使っています。

この記事を書くにあたって調べたところ、カールハンセン社が立体商標を取得された為、
Yチェアのリプロダクト製品は、販売できなくなったようです。

いつかこども達がこども椅子を卒業した時に揃えたいと思い、
4脚購入したのですが、買っておいて正解でした。

最初は、ウチにリプロダクトとはいえYチェアなんて・・・。
こんなに有名な椅子にみあう素敵な暮らしができるのかしら・・・。

なんて多少構えていたわたしですが、やっぱり素敵なものは素敵です。
今ではYチェアのあるダイニングの風景が、かなりお気に入りです。



NORTEさんでは、今はYチェアをリスペクトし作った、
オリジナルチェア「ビークチェア」を販売しているようです。



→ トラコミュ 北欧インテリアに憧れて☆家具・雑貨・食器


のこり2つ。
こども達の椅子は、座面と足を置く所の高さが調整できるものです。

この商品ではありませんが、そっくりです。
お値段はもっとお手頃だったような・・・。



ほんとは、もちろんTRIPP TRAPPが欲しかったです。
今は、素敵な色がいっぱいあるんですね。



娘が4歳で、ちょうど息子の離乳食が始まる頃、
娘のダイニングでの椅子をYチェアにして、娘のこども椅子を息子におさがりしようかと思い、Yチェアで食事をさせてみたことがあります。

するととたんに、今まできちんとしていた娘の食事の姿勢が悪くなりました。
これは良くない!と思いすぐにやめ、息子にもこども椅子を買いました。

今6歳の娘、実は近いうちにYチェアデビューを考えています。
今度はどうなるでしょうか。





読んでいただきありがとうございます。
クリックして応援してくださると嬉しいです。

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ