雛人形を片付けました。
収納を見直したことで、去年までと段違いの簡単さでした。
ほんとうに見直して良かったなと思っています。

ところで、片付けの途中でとてもショックなことが・・・。
なんとお雛様を保護していた紙を付けたまま、ずっと飾ってました!!!
見つけた時は、ほんとうにショックで数秒止まってしまいました。

前回の記事でもしっかりと写っています・・・。
女雛の肩と後ろ髪のあいだです。

前回の『お雛様の収納』の記事は、こちら → 

あまりの恥ずかしさに、前記事の写真を入れ替えてしまおうかとも思いましたが、
時間がたって、笑い話にしてしまえ!という気持ちになれたので、そのままにします。

せっかくなので、入れ替えようと撮った写真を。

P1240209.jpg

気を取り直して、お雛様の収納についてです。

トラコミュ  収納・片付け

ウチの雛人形は、こんな感じの3段飾りです。

P1240189.jpg

まず人形とお道具類を、前回紹介した『桐の雛人形収納ケース』に入れていきます。
この商品です。



下段は深箱で、内寸がW395xD755xH247です。

女雛・男雛・三人官女のうち背の高い2人と、親王台が収納できました。
人形はそれぞれ、付属の顔カバーをして『雛人形収納パック』に入れています。



女雛・男雛は大サイズ、三人官女は小サイズの袋に入れました。
実際に収納した後は、こんな感じです。

P1240213.jpg

無理なく余裕を持って、収納できました。

上段は浅箱で、内寸がW395xD755xH160です。
こちらには、三人官女の真ん中の1人と、お道具類を収納しました。

『雛人形収納パック』は大小のセットと、小のみの商品があって、
わたしは、それぞれ1セットづつ買って、お道具もそれぞれ袋に入れました。
それぞれのお道具の台や小物を、お道具と一緒に入れられ、飾る時に悩まずにすみました。

ひな人形収納パック(大小セット)【RCP】
ひな人形収納パック(小セット)【RCP】

P1240249.jpg

こちらも余裕があるので、多少入れる場所が変わっても平気そうです。

次はひな壇を、『着物一式収納ケース』2つに、収納します。
こちらの商品です。



まずそれぞれの部材を、購入時に入っていた不織布の袋に入れるのですが、
幅や長さがまちまちで、どの部材をいれる袋なのか分かりにくいので、袋に部材名を記入しました。

P1240251.jpg

そして収納ケースの側面には、部材を入れる順番を記入しました。

P1240277.jpg

こうする事で、毎年収納する順番に悩むことなく、
スムーズに片付けることができそうです。

P1240270.jpg

こんな感じで、ぴったり収納できました。
上には、組み立ての説明書と、防虫剤と調湿剤と、埃落とし用の筆と手袋を入れて。
無事、終了です。


  


購入時のダンボール2つと、新しい収納ケースを並べてみました。

P1240289.jpg

幅が小さくなったことと、4つに分解できるので、わたし1人でも階段を運べるようになりました。
『桐の雛人形収納ケース』はキャスター付きなので、同じ階に収納できるお家なら、
とっても楽に移動ができると思います。

ウチは1階の納戸に、このまま置いていますが、
試しに子供部屋のクローゼット(奥行約50cm)に収納してみました。

P1240198.jpg

中段にあたり、下部に全部は入りきりませんでしたが、
クローゼットにも収まりました。
奥行78cm以上の押入れなら、もっとすっきり収納できそうです。

以上、ウチの雛人形収納でした。





読んでいただきありがとうございます。
クリックして応援してくださると嬉しいです。

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧ナチュラルインテリアへ

banner.png