いまさらですが、今日はうちのキッチンの位置や照明、パントリーとの関係など、
キッチンスペース全体のことを書いてみようと思います。
細かい仕様の前に、本当はまずこっちでしたね(笑)


まず、わたしがキッチンを設計するにあたって気を付けたのは、
こどもに目が届き、家族とのコミュニケーションがとれることです。

アパート暮らしの時は、リビングとキッチンが離れていたので、
こどもとわたしだけの時は、キッチンに立つ時間がなかなか取れず苦労しました。
また夫が居る時も、夫とこどもが楽しく遊んでいる声は聞こえるものの様子が見えず、
すこしさみしかったのです。

うちのキッチンはLDKの端、LDKの中ではすこし奥まった位置にありますが、
キッチンに立つと、ダイニングはもちろんリビングもほとんどが見渡せます。

キッチンからのダイニングです。



ダイニングとの一体感は、ばっちりです。
ダイニングの『はと時計』で、時間もしっかり確認できて便利です。

キッチンからのリビングです。



キッチンにいても、リビングのデスクで勉強や工作をする娘との会話もスムーズです。
ちょっと遠いですが、料理しながらテレビも見れます。
キッチンにいても、リビングの家族とのコミュニケーションもとりやすくなりました。

キッチン横の通路です。



キッチンの南側はこども部屋で、写真の左のドアがこども部屋の入口です。
こども達が中で遊んでいる時は、ドアを開けておけば様子がわかります。

キッチンからは、こども達がリビング・ダイニング・こども部屋のどこで遊んでいても、
だいたい目が届くので、安心してキッチンに立つことができるようになりました。


こども部屋のドアの脇の壁には、LDKの照明のスイッチと給湯器のリモコンがあります。

なぜか、スイッチプレートとリモコンの高さが1cmほどズレて設置されています。
位置は設計時に指定しましたが、高さは確かに指定していなかったです・・・。
サイズがほぼ一緒なだけに、とても気になります。
夫がたぶん直せると言っていたので、今度お願いしてみようかと思っています。

キッチンの給湯器のリモコンと、リビングのインターホンのリモコン、
自分達で大きさを把握して、きちんとした取り付け位置を指定するべきでした。
インターホンはちょうちょのおかげで、あまり気にならなくなりましたが、
ウチの後悔ポイントのひとつです。

→ 前記事『リビングにちょうちょ


写真右側の扉は、廊下に続いています。
ウチの間取りはLDKの真ん中が通路になっていて、LDKを通らないと、
個室やトイレ・浴室など、ほとんどの部屋には行けないので、
キッチンのサイドは、動線が混み合うのではないかと思いました。
その為、キッチンのサイドの通路は幅90cmとり、ドアの幅と同じくらい確保しました。

実際に生活してみると、カウンターがフラットなオープンキッチンなので、
配膳や片付けの時も、ダイニングから直接カウンターに置いてしまうことのほうが多く、
こども達にお手伝いをしてもらっても、そんなに動線が集中することはありませんが、
このくらいのスペースはとっておいて良かったと思っています。



さらにもう1つ、わたしがキッチンを設計する上で気を付けたことは、
生活感をできるだけなくすことです。

オープンキッチンは、水栓やシンク・レンジフードなどの設備が見えてしまうので、
それ以外の部分では、なるべく生活感をださないようにして、
リビングやダイニングと一体感のある空間になるように、設計しました。

うちのキッチンの背面、うさぎの時計の右側の扉の先には、
3畳ほどのパントリーを設けました。
冷蔵庫・オーブンレンジ・炊飯器・フィッシュロースター・食器棚・ごみ箱などの、
見えると生活感がでてしまうものは、すべてパントリーの中に収めてしまいました。

パントリーに続く扉は、上吊りの引戸にして床にレールがでないようにしました。
その為、料理中に引戸を開けたままにすると、キッチンとパントリーが続いた空間となり、
一体として使用できます。

冷蔵庫やごみ箱など、できればキッチン背面にあったら便利なものまで
すべてパントリー内に入れてしまうと、もしかしたら少し不便に感じるかな?と、
実際に生活するまでは、すこし不安がありました。

入居して3年、パントリーに入ってすぐの位置に置いた冷蔵庫とごみ箱までは、
シンクの前から3歩ほどありますが、とくに不便には感じていません。

リビング・ダイニングから見えてしまうと、食器棚や冷蔵庫・レンジなどを選ぶ時にも、
デザインや色を気にしなくてはならないのが、難しいなと思っていました。
素敵なデザイン家電は、お値段も素敵とはなかなかいきませんし、
ダイニング側から見えない高さで抑えようとすると、ウチのキッチンスペースでは、
使い勝手や収納量を我慢しなければならなかったのです。

そこで、生活感がでてしまうものはパントリーに隠すと決めたのですが、
途端にすごく気が楽になりました。
見た目にそこまでこだわらずに、家電・食器棚・棚などを選べたことで、
すこしコストダウンにもなりました。

パントリー前のキッチンの作業スペースは、幅約1mとりました。
今のところ何も置いていないので、2人でキッチンに立っても十分過ぎるくらいですが、
いずれ飾り棚などを設置して、お気に入りの食器を飾るのもいいなと思っているので、
この位の余裕を取っておいて良かったなと思っています。



キッチンの照明は、ダイニングのトルボーの邪魔にならないように、シンプルしました。
トルボーについての記事はこちらです → 『北欧のペンダントライト

天井埋込型のダウンライト(φ125・E26・電球色)を、カウンター上部に2灯と、
作業スペース上部にも、同じダウンライトを2灯設置しました。

ですが実際は、カウンター上部の2灯とレンジフードの照明で、調理中に必要な明るさは、
十分足りているように感じています。

全体的にすこし暗めが好きな夫婦でも、キッチンだけは明るいほうが良いのではと、
多めに照明を設置したのですが、作業スペースの2灯を点ける事はほとんどないので、
なくても良かったかなと思っています。

  

キッチンに設けた北側の窓は、W640xH570の横すべり出し窓です。
キッチンの南側は壁なので、多少暗くなると思ったので採光を考慮して設けました。

家の裏側は雑木林なので、視線を遮る必要はありませんが、
夜カーテンなしだと気になるかなと型板ガラスを入れたのですが、これが正解でした。
日中、窓の外の雑木林の木々が揺れるのがぼんやり見えて、
なかなか良いディスプレイスペースとなっています。
いずれお気に入りのガラス雑貨を並べたいなと思っています。




もうキッチンは書くことそんなにないかなと思っていたのに、
今回も長くなってしまいました。
うちのキッチンの内覧会、やっぱりここから始めるべきでしたね。
リビングステーションに対する思い入れが強すぎて、
そちらの説明が先になってしまいました。

キッチンの紹介は、これで終わりにしようかと思ったのですが、
いつも置いてあるものがない、すっきりしたキッチンの写真を見ていたら、
なんだか、すこし罪悪感が・・・(笑)

次回は、3年経ったキッチンの現状を見ていただこうかと思っています。


参加しています。
→ トラコミュ  みんなのWeb内覧会

箇所別は、こちらです。
→ トラコミュ  WEB内覧会*玄関
→ トラコミュ  WEB内覧会*リビング
→ トラコミュ  WEB内覧会*ダイニング
→ トラコミュ  WEB内覧会*キッチン
→ トラコミュ  WEB内覧会*寝室
→ トラコミュ  WEB内覧会*子供部屋
→ トラコミュ  WEB内覧会*トイレ
→ トラコミュ  WEB内覧会*洗面所
→ トラコミュ  WEB内覧会*お風呂
→ トラコミュ  WEB内覧会*階段
→ トラコミュ  WEB内覧会*ワークスペース
→ トラコミュ  WEB内覧会*書斎
→ トラコミュ  WEB内覧会<和室>
→ トラコミュ  WEB内覧会*外観
→ トラコミュ  WEB内覧会*外構
→ トラコミュ  WEB内覧会<総合>





今日も読んでいただき、ありがとうございます。
クリックして応援してくださると、とても嬉しいです。

にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ

* 住まいブログランキング
* 一戸建住宅(施主)ブログランキング
* 一戸建 注文住宅(施主)ブログランキング

* インテリアブログランキング
* 北欧ナチュラルインテリアブログランキング