usagi works

建築士夫婦が設計した、こだわりのおウチ。 住まい・インテリア・収納・手仕事・・・日々の暮らしを綴っています。 北欧雑貨や作家さんの作品、無印良品やIKEAの商品も、大好きです。

2014年05月

いまさらですが、今日はうちのキッチンの位置や照明、パントリーとの関係など、キッチンスペース全体のことを書いてみようと思います。細かい仕様の前に、本当はまずこっちでしたね(笑)まず、わたしがキッチンを設計するにあたって気を付けたのは、こどもに目が届き、家族 ... Read More

いまさらですが、今日はうちのキッチンの位置や照明、パントリーとの関係など、
キッチンスペース全体のことを書いてみようと思います。
細かい仕様の前に、本当はまずこっちでしたね(笑)


まず、わたしがキッチンを設計するにあたって気を付けたのは、
こどもに目が届き、家族とのコミュニケーションがとれることです。

アパート暮らしの時は、リビングとキッチンが離れていたので、
こどもとわたしだけの時は、キッチンに立つ時間がなかなか取れず苦労しました。
また夫が居る時も、夫とこどもが楽しく遊んでいる声は聞こえるものの様子が見えず、
すこしさみしかったのです。

うちのキッチンはLDKの端、LDKの中ではすこし奥まった位置にありますが、
キッチンに立つと、ダイニングはもちろんリビングもほとんどが見渡せます。

キッチンからのダイニングです。



ダイニングとの一体感は、ばっちりです。
ダイニングの『はと時計』で、時間もしっかり確認できて便利です。

キッチンからのリビングです。



キッチンにいても、リビングのデスクで勉強や工作をする娘との会話もスムーズです。
ちょっと遠いですが、料理しながらテレビも見れます。
キッチンにいても、リビングの家族とのコミュニケーションもとりやすくなりました。

キッチン横の通路です。



キッチンの南側はこども部屋で、写真の左のドアがこども部屋の入口です。
こども達が中で遊んでいる時は、ドアを開けておけば様子がわかります。

キッチンからは、こども達がリビング・ダイニング・こども部屋のどこで遊んでいても、
だいたい目が届くので、安心してキッチンに立つことができるようになりました。


こども部屋のドアの脇の壁には、LDKの照明のスイッチと給湯器のリモコンがあります。

なぜか、スイッチプレートとリモコンの高さが1cmほどズレて設置されています。
位置は設計時に指定しましたが、高さは確かに指定していなかったです・・・。
サイズがほぼ一緒なだけに、とても気になります。
夫がたぶん直せると言っていたので、今度お願いしてみようかと思っています。

キッチンの給湯器のリモコンと、リビングのインターホンのリモコン、
自分達で大きさを把握して、きちんとした取り付け位置を指定するべきでした。
インターホンはちょうちょのおかげで、あまり気にならなくなりましたが、
ウチの後悔ポイントのひとつです。

→ 前記事『リビングにちょうちょ


写真右側の扉は、廊下に続いています。
ウチの間取りはLDKの真ん中が通路になっていて、LDKを通らないと、
個室やトイレ・浴室など、ほとんどの部屋には行けないので、
キッチンのサイドは、動線が混み合うのではないかと思いました。
その為、キッチンのサイドの通路は幅90cmとり、ドアの幅と同じくらい確保しました。

実際に生活してみると、カウンターがフラットなオープンキッチンなので、
配膳や片付けの時も、ダイニングから直接カウンターに置いてしまうことのほうが多く、
こども達にお手伝いをしてもらっても、そんなに動線が集中することはありませんが、
このくらいのスペースはとっておいて良かったと思っています。



さらにもう1つ、わたしがキッチンを設計する上で気を付けたことは、
生活感をできるだけなくすことです。

オープンキッチンは、水栓やシンク・レンジフードなどの設備が見えてしまうので、
それ以外の部分では、なるべく生活感をださないようにして、
リビングやダイニングと一体感のある空間になるように、設計しました。

うちのキッチンの背面、うさぎの時計の右側の扉の先には、
3畳ほどのパントリーを設けました。
冷蔵庫・オーブンレンジ・炊飯器・フィッシュロースター・食器棚・ごみ箱などの、
見えると生活感がでてしまうものは、すべてパントリーの中に収めてしまいました。

パントリーに続く扉は、上吊りの引戸にして床にレールがでないようにしました。
その為、料理中に引戸を開けたままにすると、キッチンとパントリーが続いた空間となり、
一体として使用できます。

冷蔵庫やごみ箱など、できればキッチン背面にあったら便利なものまで
すべてパントリー内に入れてしまうと、もしかしたら少し不便に感じるかな?と、
実際に生活するまでは、すこし不安がありました。

入居して3年、パントリーに入ってすぐの位置に置いた冷蔵庫とごみ箱までは、
シンクの前から3歩ほどありますが、とくに不便には感じていません。

リビング・ダイニングから見えてしまうと、食器棚や冷蔵庫・レンジなどを選ぶ時にも、
デザインや色を気にしなくてはならないのが、難しいなと思っていました。
素敵なデザイン家電は、お値段も素敵とはなかなかいきませんし、
ダイニング側から見えない高さで抑えようとすると、ウチのキッチンスペースでは、
使い勝手や収納量を我慢しなければならなかったのです。

そこで、生活感がでてしまうものはパントリーに隠すと決めたのですが、
途端にすごく気が楽になりました。
見た目にそこまでこだわらずに、家電・食器棚・棚などを選べたことで、
すこしコストダウンにもなりました。

パントリー前のキッチンの作業スペースは、幅約1mとりました。
今のところ何も置いていないので、2人でキッチンに立っても十分過ぎるくらいですが、
いずれ飾り棚などを設置して、お気に入りの食器を飾るのもいいなと思っているので、
この位の余裕を取っておいて良かったなと思っています。



キッチンの照明は、ダイニングのトルボーの邪魔にならないように、シンプルしました。
トルボーについての記事はこちらです → 『北欧のペンダントライト

天井埋込型のダウンライト(φ125・E26・電球色)を、カウンター上部に2灯と、
作業スペース上部にも、同じダウンライトを2灯設置しました。

ですが実際は、カウンター上部の2灯とレンジフードの照明で、調理中に必要な明るさは、
十分足りているように感じています。

全体的にすこし暗めが好きな夫婦でも、キッチンだけは明るいほうが良いのではと、
多めに照明を設置したのですが、作業スペースの2灯を点ける事はほとんどないので、
なくても良かったかなと思っています。

  

キッチンに設けた北側の窓は、W640xH570の横すべり出し窓です。
キッチンの南側は壁なので、多少暗くなると思ったので採光を考慮して設けました。

家の裏側は雑木林なので、視線を遮る必要はありませんが、
夜カーテンなしだと気になるかなと型板ガラスを入れたのですが、これが正解でした。
日中、窓の外の雑木林の木々が揺れるのがぼんやり見えて、
なかなか良いディスプレイスペースとなっています。
いずれお気に入りのガラス雑貨を並べたいなと思っています。




もうキッチンは書くことそんなにないかなと思っていたのに、
今回も長くなってしまいました。
うちのキッチンの内覧会、やっぱりここから始めるべきでしたね。
リビングステーションに対する思い入れが強すぎて、
そちらの説明が先になってしまいました。

キッチンの紹介は、これで終わりにしようかと思ったのですが、
いつも置いてあるものがない、すっきりしたキッチンの写真を見ていたら、
なんだか、すこし罪悪感が・・・(笑)

次回は、3年経ったキッチンの現状を見ていただこうかと思っています。


参加しています。
→ トラコミュ  みんなのWeb内覧会

箇所別は、こちらです。
→ トラコミュ  WEB内覧会*玄関
→ トラコミュ  WEB内覧会*リビング
→ トラコミュ  WEB内覧会*ダイニング
→ トラコミュ  WEB内覧会*キッチン
→ トラコミュ  WEB内覧会*寝室
→ トラコミュ  WEB内覧会*子供部屋
→ トラコミュ  WEB内覧会*トイレ
→ トラコミュ  WEB内覧会*洗面所
→ トラコミュ  WEB内覧会*お風呂
→ トラコミュ  WEB内覧会*階段
→ トラコミュ  WEB内覧会*ワークスペース
→ トラコミュ  WEB内覧会*書斎
→ トラコミュ  WEB内覧会<和室>
→ トラコミュ  WEB内覧会*外観
→ トラコミュ  WEB内覧会*外構
→ トラコミュ  WEB内覧会<総合>





今日も読んでいただき、ありがとうございます。
クリックして応援してくださると、とても嬉しいです。

にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ

* 住まいブログランキング
* 一戸建住宅(施主)ブログランキング
* 一戸建 注文住宅(施主)ブログランキング

* インテリアブログランキング
* 北欧ナチュラルインテリアブログランキング


usagi worksの、新しい作品ができあがりました。 『おおきな木のぼたん 栗 ヘアゴム』を、こんどはウォールナットで作りました。 栗材よりも濃く深い色味なので、落ち着いた雰囲気になりました。 『おおきな木のぼたん ウォールナット ヘアゴム』 ウォールナットを削 ... Read More
usagi worksの、新しい作品ができあがりました。

おおきな木のぼたん 栗 ヘアゴム』を、こんどはウォールナットで作りました。
栗材よりも濃く深い色味なので、落ち着いた雰囲気になりました。

BW-1a.jpg

『おおきな木のぼたん ウォールナット ヘアゴム』


ウォールナットを削りだして、おおきなぼたんを作りました。

ぼたんの表面には、手仕事ならではの彫り跡が残っています。

存在感のある大きさで、木の素材の温かみが感じられるヘアゴムです。

ひとつひとつ手作業で、丁寧に制作しています。

気に入っていただけたら嬉しいです。
BW-2.jpg
1・2・3・4・5からお好きなぼたんを、指定していただけます。
それぞれ木目や色などの、表情が違います。

ご自分用はもちろん、親しい人へのプレゼントや、
ちょっとしたお礼やお祝いなどにも、いかがでしょうか。
BW-3.jpg
裏は、滑らかな仕上がりになっています。

ゴムの色は、黒です。
ゴムが伸びた際には、付け替える事ができます。
お好きな太さのゴムに付け替えたり、紐やリボンを通して飾りにもできます。

BW-4.jpg

このような包装で、お届けします。
プレゼント用ラッピングにも、対応させていただきます。

BK-5.jpg

いろいろな使用例です。
※写真は、栗材を使用しています。ウォールナットとは色や木目が異なります。

髪留めはもちろん、手帳バンド、ストール留め、バックの飾り、アームバンド。
工夫次第で、他にもたくさんの使い方ができそうです。

サイズや素材などの詳細は、こちらの2つのサイトどちらでもご覧になれます。
よろしくお願いいたします。

iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット   





今日も読んでいただき、ありがとうございます。
クリックして応援してくださると、とても嬉しいです。

にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ

* 住まいブログランキング
* 一戸建住宅(施主)ブログランキング
* 一戸建 注文住宅(施主)ブログランキング

* インテリアブログランキング
* 北欧ナチュラルインテリアブログランキング


今日は、『シンプルなおままごとキッチン』の次に大きな娘のおもちゃ、ドールハウスをご紹介しようと思います。このドールハウスは、新居に引越してすぐ、娘が3歳のクリスマスに、わたしの実家にリクエストして、プレゼントしてもらいました。『赤い屋根のドールハウスお人 ... Read More

今日は、『シンプルなおままごとキッチン』の次に大きな娘のおもちゃ、
ドールハウスをご紹介しようと思います。



このドールハウスは、新居に引越してすぐ、娘が3歳のクリスマスに、
わたしの実家にリクエストして、プレゼントしてもらいました。

赤い屋根のドールハウスお人形6人セット』です。
以前『おとなも夢中になる おままごとグッズ』でご紹介した、
おままごとの木の食器セットを購入した、MILANさんの商品です。



赤い屋根のおウチは、3階建てになっていて、
お人形6人と家具や小物がすべて付属しています。
1番始めの写真に入っているキティちゃんは、娘が追加したダイソーさんの商品で、
ドールハウスには付属していません。

お人形も、お風呂やトイレまでもが、すべて木製で素朴で可愛らしいです。
タンスの引き出しやキッチンの扉も、きちんと開けられます。
赤い屋根がこども部屋のインテリアのいいアクセントとなって、
置いてあるだけでとても素敵です。



ほんとうに素敵なんですが、ウチの娘・・・。
せっかくのドールハウスなのに、そんなに遊びませんでした。
娘にとっては、とてももったいないおもちゃとなってしまいました。

入園前に幼稚園に見学に行った時、ドールハウスに娘がとても興味を持って、
とても楽しそうに遊んでいる姿を見て、買ってあげたいなと思ったのですが、
その時はそんな気分だっただけのようです。

たしかにおんなの子のわりには、ぬいぐるみもお人形もそんなに興味がなく、
工作が大好きで、いつも何かを作っているウチの娘。
わたし達に似てしまったようなので、仕方ありませんね。
いくつかあるぬいぐるみも、最近は息子のほうが可愛がっていたりします。

そういえば、2歳のお誕生日にプレゼントしたジルケ人形も、あんまり・・・。



奮発したんですけどね・・・(涙)




ドールハウスも、ジルケ人形も、今もたまにですがこども達が遊ぶことがあるので、
まだまだもったいなくて、こども部屋にあるのですが、そろそろ・・・。



娘が小学生になって、宿題もだんだん出るようになってきて、
どんどんおもちゃで遊ぶ時間も、少なくなってきました。
息子が小学生にあがる頃には、今とはまったく違ったこども部屋になりそうな気がします。

ちなみに、もうすぐ7歳になる娘。
お誕生日には、こちらをリクエストされています。
ハローキティモチーフのほっぺちゃんらしいのですが、ほぼキティちゃんですよね(笑)




→ トラコミュ  女の子のパパ・ママ

→ トラコミュ  育児
→ トラコミュ  WEB内覧会*子供部屋




今日も読んでいただき、ありがとうございます。
クリックして応援してくださると、とても嬉しいです。

にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ

* 住まいブログランキング
* 一戸建住宅(施主)ブログランキング
* 一戸建 注文住宅(施主)ブログランキング

* インテリアブログランキング
* 北欧ナチュラルインテリアブログランキング


うちのキッチンの、細かい仕様をまとめてみました。リビングステーション Sクラスフラット対面 フロートプラン間口サイズ : 2573mmカウンターの奥行 : 928mmフロートプランのダイニング側は、パネルタイプとオール収納タイプが選べますが、もちろんウチは、オール収 ... Read More
うちのキッチンの、細かい仕様をまとめてみました。



リビングステーション Sクラス
フラット対面 フロートプラン
間口サイズ : 2573mm
カウンターの奥行 : 928mm

フロートプランのダイニング側は、パネルタイプとオール収納タイプが選べますが、
もちろんウチは、オール収納タイプを選択しました。
プッシュオープンの開き扉で、収納の奥行は約20cm程です。




キッチン側からの様子です。
食洗機の操作部の下と、手前から2番目の取っ手のようなものは、
後から付けたタオル掛けです。
キッチンの取っ手は3個しかなく、シンプルです。


● 扉

扉は、当時のSクラスのグレード30 SF30シリーズ ダークボローニャ柄です。
今のカタログだと、SV30シリーズのエクセルダーク柄が近い感じに見えます。
横の木目柄なのですが、よ~く見ないと木目は分かりません(笑)
表面はメラミン鏡面で、光沢のある扉です。

お掃除の楽さと丈夫さで鏡面を選んだのですが、こども達の手跡や水跡が、
見る方向によっては、かなり目立ちます。

現在のラインナップだと、SX40シリーズのリアロウォールナット柄と、
リアロチェリー柄が気になります。
オレフィンシートにシリコン入りUVコートが施されているようですが、
どんな質感なんでしょうか。
こちらも、おそうじラクラクマークは付いていないようなので、
やっぱりお掃除の面では、鏡面が良いという事なのでしょうか。

左から、エクセルダーク柄、リアロウォールナット柄、リアロチェリー柄です。

    

夫は当初キッチンの扉は、明るい木目柄を押していたのですが、
最後はキッチンだからと、わたしに選択権を与えてくれました。
わたしは長い時間悩んだ末に、ダークな木目柄に決定しました。

明るい色を選んでいたら、もっと家具のようにLDKに馴染んでくれたかもしれませんが、
明るい色味が多いLDK全体を、濃いキッチンの色が引き締めてくれていて、
わたしは気に入っています。


● 取っ手



家具のようなキッチンに憧れたので、取っ手はライン取っ手ではなく、
ハンドル取っ手のHASを選びました。
当初Lクラスにしたかった理由の1つだった、第一候補の取っ手はHBSです。
すこし妥協して決めたHASですが、シンプルでヘアラインが綺麗で気に入っています。

上がNew Sクラスの取っ手、下がNew Lの取っ手のラインナップです。






● カウンター

カウンターは、人造大理石カウンターのビューホワイトです。
人造大理石といえば、細かい模様が入っているものが多いと思うのですが、
このビューホワイトは、まったく模様なしの真っ白で質感もマットな感じです。

かっこいいステンレスのカウンターに憧れた時期もありましたが、
やっぱり家具のようなキッチンを目指したので、ビューホワイトにしました。

人造大理石のカウンターは、鍋敷きの使用を推奨していたりして、
お手入れが面倒な印象がありました。
実際ウチのカウンターも、鍋を置いた時に黒っぽい跡が付くことがあります。
メラミンスポンジで軽く擦るとすぐに消えるので、見つけた時に消しているのですが、
そんなに面倒ではないので、わたしは気になっていません。

真っ白で汚れが目立つからこそ、綺麗にできているような気もするので、
わたしには合っているのかもしれません。


● シンク



スキマレスシンクのクリアSタイプ、色はホワイトです。
このシンプルな四角いシンク、意外とないと思うのですが、
すっきり見えて、とても気に入っています。
カウンターから排水口まで継ぎ目がないので、お掃除も楽です。



専用の洗剤ラックと、水切りカゴをオプションで付けました。




● 水栓金具



ウチの水栓金具は、グースネック水栓です。
シャワー付きでネックが引き出せるので、お掃除の時も便利です。

当初は、グースネックはいかにもオープンキッチンの水栓という感じがして、
何となく違うものが良いなと思っていました。
第一候補だったのは、Lクラスの混合水栓 コンテンポラリーシャワーです。
シンプルで直線的なデザインなのに、こちらもシャワー付きでネックが引き出せます。

    

でも実は、3年使ってみて最近思うのは・・・
施主支給してでも、LIXILのタッチレス水栓 ナビッシュを入れたかったなと。
水栓に直接触らずに水が出せるって、やっぱり便利ですよね。
しかも浄水器ビルトイン型もある!当時もあったのかな?


できれば付けたかったけど、デザイン重視で諦めた、浄水器・・・。
このデザインでタッチレスで浄水器内蔵、いいですね。


● 加熱機器

お掃除のしやすさを重視して、IHにしようとは思っていましたが、
リビングステーションといえばの、3口IH トリプルワイドを選択しました。
ダイニング側には、油が飛ばないようにする透明なガラス、クックスクリーンがあります。

トリプルIHには、グリルが付いていません。
それが嫌で、諦める人も多いと聞きました。
うちは、フィッシュロースターをパントリー内に設置することで解決しました。

実は数年前、長年使ってきたグリルの内側の汚れの凄さに気付いてしまい、
アパート暮らしの後半は、フライパンで魚を焼いていたので、グリルがないことには、
そんなに抵抗がありませんでした。

トリプルIHを選んで良かったと思う点は、手前の調理スペースです。
使い始めの頃は、通常よりも鍋が奥にあることに慣れなかったのですが、
それぞれの鍋の前に、食材やお皿を用意しておいたりできるので、とても重宝していて、
今では、なくてはならないスペースとなっています。

操作部は使わない時には隠せるので、とてもシンプルになります。
今は光るリングは、全周になったようですが、シンプルさは相変わらずです。

  

ガスコンロを使っていた時は、ちょっとした汚れを今日は忙しいから・・・と、
何かと理由を付けて後回しにするうちに、どんどん汚れが溜まっていくひどい状態でした。
IHになってからは、ちょっとした汚れでも持ち越すことはなくなりました。
ずぼらなわたしでもキレイを保てるのは、IHのおかげだと思っています。


● 食器洗い乾燥機 : 幅450mm 深型 上面操作タイプ

ほぼ毎日使っているにもかかわらず、いまだに使いこなせているか不安ですが、
とても便利です。

上カゴがスライドできるムービングラック、食器の形を気にせずセットできるマルチピン。
2つの新しい機能、どちらもウチの食洗機には付いていないのですが、
とっても便利そうですね。


● レンジフード : デザインサイドフード

トリプルIHに対応しているサイドフードの2つから、シンプルな方を選びました。
本当はもっとシンプルなものが好みですが、他メーカーを施主支給する程の
こだわりはなかったので、これならと納得して決めました。

うちのレンジフードにも換気連動システムは付いているのですが、
うちのトリプルIHは非対応なので連動してくれません。
できれば連動して欲しかった・・・。
今のトリプルIHは、ちゃんと換気連動に対応していました。

うちのレンジフードのお掃除も、とても簡単だとわたしは思うのですが、
今のレンジフードは、同じタイプでもさらに簡単になったようです。


● キッチンボード : 6mm厚 マット調フロストパール柄

キッチンが取り付く壁の部分に貼りました。
1番マットなものを選んだつもりでしたが、光沢と艶消しの模様になっていて、
全体的には、意外と光沢がある感じです。
油汚れも、水拭きできれいになってくれるので、お掃除は楽です。

今は、6mm厚 マット調ライムストーン柄も選べるようです。
ベージュで、フロストパールよりもマットな感じがします。
これだったら、うちのグレーの壁にも馴染んでくれたのかもしれません。

左がフロストパール柄、右がライムストーン柄です。

  

あらためてキッチンボードの写真を撮ってみたら、
すごく目立っているように見えて、ちょっと気になってしまいましたが、
ダイニング側から見ると、カウンターの白と続いてるように見えるので、
慣れもあるのでしょうが、わたし達はそんなに気になっていません。




以上が、うちのシステムキッチンの仕様です。
ほんとうにシステムキッチンって、日々進化しているんですね。

今回この記事を書くにあたって、最新のカタログをよく見たら、
一見3年前と同じように見えても、いろんな部分が便利になっていました。
これからも、見た目も機能もどんどん進化していくのでしょうね。

今のラインナップや最新機能を、うらやましく思う気持ちもすこしありますが、
当時の選択肢の中で、一生懸命決めたキッチンの仕様。

当時は大変で、そんな風にはとても思えませんでしたが、
どれにしようか真剣に悩んだ時間も、今では良い思い出となって、
キッチンに対する愛着に、繋がっているような気がします。

あまりの進化に途中で、意味あるのかしら・・・と不安になってしまいましたが、
新居完成から3年後の内覧会、まだ続く予定です。


こんな内覧会ですが、参加させていただいています。
→ トラコミュ  みんなのWeb内覧会

箇所別は、こちらです。
→ トラコミュ  WEB内覧会*玄関
→ トラコミュ  WEB内覧会*リビング
→ トラコミュ  WEB内覧会*ダイニング
→ トラコミュ  WEB内覧会*キッチン
→ トラコミュ  WEB内覧会*寝室
→ トラコミュ  WEB内覧会*子供部屋
→ トラコミュ  WEB内覧会*トイレ
→ トラコミュ  WEB内覧会*洗面所
→ トラコミュ  WEB内覧会*お風呂
→ トラコミュ  WEB内覧会*階段
→ トラコミュ  WEB内覧会*ワークスペース
→ トラコミュ  WEB内覧会*書斎
→ トラコミュ  WEB内覧会<和室>
→ トラコミュ  WEB内覧会*外観
→ トラコミュ  WEB内覧会*外構
→ トラコミュ  WEB内覧会<総合>





今日も読んでいただき、ありがとうございます。
クリックして応援してくださると、とても嬉しいです。

にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ

* 住まいブログランキング
* 一戸建住宅(施主)ブログランキング
* 一戸建 注文住宅(施主)ブログランキング

* インテリアブログランキング
* 北欧ナチュラルインテリアブログランキング


前回の楽天マラソンで購入した生地、伊藤尚美さんデザインの『JOY Flower』で、 やっと新しいクッションカバーを作りました。生地巾106cmなので1m買って、45x45cmのクッションカバー2個分ちょうどでした。既製品もあります。  今使っていた『夏用ラグと花柄クッション』で ... Read More



前回の楽天マラソンで購入した生地、伊藤尚美さんデザインの『JOY Flower』で、
やっと新しいクッションカバーを作りました。
生地巾106cmなので1m買って、45x45cmのクッションカバー2個分ちょうどでした。

既製品もあります。
  

今使っていた『夏用ラグと花柄クッション』でご紹介したベージュのクッションカバー、
ふたつとも角のあたりがほつれてきてしまったのです。
可愛い生地をいかすことができなかった、前の教訓をいかして、
ウチの生成りのMUJIソファにも映える濃い色の、Respectを選びました。



Respectは、すこし藍色がかった深いチャコールグレーに、
白いパールのお花と、うすい緑の葉によってリースが描かれていて、
とても素敵な生地でした。
ダブルガーゼなので、肌触りもとても柔らかいです。


そして、こいのぼりもようやく片付けました!
約2ヶ月の間、リビングを飾ってくれていた『Madame MO KOINOBORI』。
ちょっと名残惜しいですが、また来年です。

before


after


思ったより、くらべて見ると変化がないですが、
こいのぼりの鮮やかな色がなくなって、落ち着いたリビングに戻りました。

うちの夏用ラグ『麻綿平織洗えるキルティングラグ/ダークグレー』と、
新しいクッションの相性もいいようで嬉しいです。

できれば、こいのぼりを片付けるタイミングで、
リビングの飾りもすこし変えたいなと思っていたのですが、いい案が思いつかず、
結局もと通りになりました。

いつか素敵なものに出逢えたらいいなと思っています。

→ トラコミュ  WEB内覧会*リビング




楽天マラソンといえば、こんどは楽天スーパーセールが始まるようです。
エントリーはこちらからできます。



ウチは今のところ、お買い物予定のものはめずらしく少ないのですが、
これから増えるかも・・・?

→ トラコミュ  楽天買いまわりのオススメはコレ♪
→ トラコミュ  楽天マラソン買いまわりでポチ報告♪
→ トラコミュ  楽天激安セール情報!ゎココ ☆
→ トラコミュ  楽天マラソン対策はこれ♪
→ トラコミュ  楽天スーパーSALEのおすすめ情報!
→ トラコミュ  楽天ランキング人気のお取り寄せグルメ





今日も読んでいただき、ありがとうございます。
クリックして応援してくださると、とても嬉しいです。

にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ

* 住まいブログランキング
* 一戸建住宅(施主)ブログランキング
* 一戸建 注文住宅(施主)ブログランキング

* インテリアブログランキング
* 北欧ナチュラルインテリアブログランキング


『うちのキッチン Living Stationとの出逢い』で、絶対にLiving Stationを入れようと決意したわたしは、そこからは、ひたすらカタログを読み込みました。仕様を決めるまでの大切な別れ道となった、クラスの差について、今回は書いてみようと思います。わたしがその差を把握 ... Read More

うちのキッチン Living Stationとの出逢い』で、
絶対にLiving Stationを入れようと決意したわたしは、
そこからは、ひたすらカタログを読み込みました。

仕様を決めるまでの大切な別れ道となった、クラスの差について、
今回は書いてみようと思います。
わたしがその差を把握するまでには、すこし時間が掛かったので、
わたしなりにすこしまとめてみたいと思います。



Living Stationには、LクラスとSクラスがあります。
今は、New LクラスとNew Sクラスという名称になったようですが、
わたしが見たところだと、ほぼ同じようです。

ひとことで言ってしまえば、Lクラスは、高級なクラスで、
Sクラスは、標準クラスといった感じです。
ウチは、両方を検討した結果、Sクラスを選択しました。

Lクラスの方が、面材・カウンター材・取っ手金具・水栓金具など、
様々な点において選択肢が多く、Lクラスでしか選べないものも多いです。

また、引出しの奥行に違いがあります。
New Lクラスだと最大で575mm、New Sクラスだと最大で475mmと、
10cmの差があります。
まったく同じサイズのキッチンでも、収納力に違いがでてしまいます。

ウチのSクラスのキッチンは425mmなので、さらに収納力は下です。
たしか、その時のLクラスは525mmだったと思います。

上がNew Lクラス、下がNew Sクラスです。





他には、引出し内部の仕様や、カウンター仕上げの選択肢などにも差があります。
それと、Lクラスでは、いろいろな細かいオーダーが可能です。
細かなサイズ調整や、キッチンと一体のテーブル、飾り棚の造作など、
こだわったオーダーが可能になるようです。

Lクラスだと、こんな事も可能になります。



そして最後に、ウチにとって1番影響した違いなのですが、
それはカタログには載っていない、値引率の差でした。

当初、ウチはLクラスの採用を考えていました。
理由は、下の3点です。
・Lクラスでしか選べない水栓金具が入れたかった
・Lクラスでしか選べないハンドル取っ手を使いたかった
・できれば収納容量は、多い方が良いと思った

ショールームでLクラス・Sクラス、どちらでも見積りを作って頂いたところ、
定価の差額はほとんどなく、だったら・・・とLクラスの採用を考えていました。
Lクラスで下の方のランクの面材や仕様を選んで、Sクラスの仕様に近づけたところ、
Sクラスとの差は数万円程となりました。

しかし概算の為にお願いした、業者さんの見積りの結果を見ると、
掛率に大きな差があることに気付きました。

メーカーによっても、掛率は異なりますが、
さらに商品のグレードによっても、やはり掛率に差があります。
一般的に、Sクラスのような標準クラスの掛率に比べて、
Lクラスのような高級なクラスの掛率は、高くなる事が多いです。
つまり割引率は、Sクラスの方がLクラスよりも高くなります。

確かウチの見積りでは、LクラスとSクラスの割引率の差は10%程で、
トータルの金額の差は、20万円ほどになりました。

Lクラスにしたかった理由と、20万円のコストダウンを天秤に掛けて、
ウチは、Sクラスを選択することにしました。

Sクラスにしたことで諦めた3点の中で、今最も悔やんでいるのは、水栓金具です。
リビングステーションのSクラスに、Lクラスの水栓金具を入れたと書かれた記事を、
最近見つけてしまい、ウチもしかして入れれたのかな?と思ったら、
お願いしてみなかった事を後悔しました。
水栓金具だけ施主支給も考えたのですが、問題がおこるかもしれないと諦めたのです。

キッチンを使用して3年経った今、もう一度よく考えてみると、
気になっていた収納は、今のところ足りていますし、ハンドル取っ手も気に入っているので、
やっぱりウチは、Sクラスにして良かったと思います。



キッチンに限らず、ユニットバスやトイレ、洗面台などの設備は、
施工業者(卸売業者)によっても、メーカーによっても、商品によっても、
掛率は変わることが多いと思います。
定価の高さにまどわされずに、面倒でも見積りをとることが大切だと思いました。


そこで間違ってはならない、割引率と掛率について解説してみようと思います。
業者さんは掛率をよく使いますが、お客さんに分かりやすいようにと、
割引率で提示される場合もあると思います。

割引率は、定価から割り引かれる率のこと。
掛率は、定価に掛ける率のことです。

定価100円、仕入値60円の商品は、
仕入値60円÷定価100円=掛率0.6(60%)
定価100円-仕入値60円=値引額40円 値引額40円÷定価100=値引率0.4(40%)
つまり、掛率60%と、値引率40%は同じです。

掛率は低い方が、割引率は高い方が、仕入値は安くなります。
数字は好きな方なのに、見積りをたくさんとると、たまに間違ってしまいそうだったので、
すこし解説してみました。



今回も、文章ばかりになってしまったので、
前回とは別アングルから、ウチのキッチンの写真を。



次回のキッチンの記事では、細かい仕様をご紹介できたらと思っています。
その前に、こいのぼり・・・(苦笑)
6月になる前には!


参加しています。
→ トラコミュ  みんなのWeb内覧会

箇所別は、こちらです。
→ トラコミュ  WEB内覧会*玄関
→ トラコミュ  WEB内覧会*リビング
→ トラコミュ  WEB内覧会*ダイニング
→ トラコミュ  WEB内覧会*キッチン
→ トラコミュ  WEB内覧会*寝室
→ トラコミュ  WEB内覧会*子供部屋
→ トラコミュ  WEB内覧会*トイレ
→ トラコミュ  WEB内覧会*洗面所
→ トラコミュ  WEB内覧会*お風呂
→ トラコミュ  WEB内覧会*階段
→ トラコミュ  WEB内覧会*ワークスペース
→ トラコミュ  WEB内覧会*書斎
→ トラコミュ  WEB内覧会<和室>
→ トラコミュ  WEB内覧会*外観
→ トラコミュ  WEB内覧会*外構
→ トラコミュ  WEB内覧会<総合>





今日も読んでいただき、ありがとうございます。
クリックして応援してくださると、とても嬉しいです。

にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ

* 住まいブログランキング
* 一戸建住宅(施主)ブログランキング
* 一戸建 注文住宅(施主)ブログランキング

* インテリアブログランキング
* 北欧ナチュラルインテリアブログランキング


キッチンの記事を書いていたら、ちょっと煮詰まってしまったので、これではいけないと、ひさびさにお菓子作りをしてみました。 → トラコミュ  手作りパン、手作りお菓子のある暮らし このクッキー、ウチではもう定番となっていて、今まで何回も作っています。なかしまし ... Read More

キッチンの記事を書いていたら、ちょっと煮詰まってしまったので、
これではいけないと、ひさびさにお菓子作りをしてみました。

→ トラコミュ  手作りパン、手作りお菓子のある暮らし



このクッキー、ウチではもう定番となっていて、今まで何回も作っています。
なかしましほさんの『まいにち食べたい“ごはんのような”クッキーとビスケットの本』の、
ピーナッツバター&チョコチャンクです。

ウチはすこしずつつまめるように、小さめサイズでたくさん作ります。
このクッキーがいつでも作れるように、
ウチは冷蔵庫にいつもピーナッツバターが入っています。

  

表紙のスマイルビスケットも、素朴な味で大好きなのですが、
こども達は、やっぱりチョコ入りがお好みのようです。
わたしも型抜きがない分、さらに気楽に始められるので、
ついついこちらを作ってしまいます。

なかしましほさんの本、そろそろもう一冊欲しいなと思うのですが、
どれもおいしそうで、なかなか決められません。

→ トラコミュ  おすすめ料理本!

    




家族がみんな出かけた後、ひとりの時間にゆっくりティータイム。
ずっと憧れていたのに、今までなかなかしていませんでした。
たまには、こんな時間もいいですね。

→ トラコミュ  暮らしを楽しむ

こんな時こそ使わなきゃ!と、はりきってKastehelmiを。
10cmプレート、素敵なのになかなかうまく使えていません・・・。

さらに愛用中のKINTOのティーポットとカップに、
usagi worksのポットマットとコースター。
ここぞとばかりに写真を撮っていたら、紅茶がほどよく冷めました(笑)
    



残りのクッキーは、こども達のおやつに。
たっぷり作ったので、しばらくは楽しめそうです。


クッキーといえば、『サクサク 大量アーモンドプードルクッキー』も、
大好きなレシピです。
ほんとにサクサクで、おいしいクッキーができあがりました。

1kgも買ってあまってしまっていたアーモンドプードルが、このレシピに出会ってから
すぐになくなってしまった程、お気に入りで何回も作りました。

また食べたくなってきたので、このクッキーを作るために、
アーモンドプードルを1kg購入しようかと、思っているところです。


あまいものを食べて元気になったので、キッチンの記事に取り掛かろうと思います。
新居ができて3年以上経っているので、自分の記憶も資料も少なくなってしまっていて、
思っていた以上に時間が掛かっていますが、すこしずつまとめていきたいと思っています。

玄関のインテリアの見直し、新しいクッションカバー作り、新しい作品の構想・・・。
やりたいことがいっぱいですが、あせらずにゆっくり進めていきたいです。

でもなにより先に、こいのぼりを片付けたほうがいいですかね。
まだいいかな?と飾っていたのですが、さすがに季節外れな気がしてきました(苦笑)

前記事 『リビングに可愛いこいのぼり』 → 





今日も読んでいただき、ありがとうございます。
クリックして応援してくださると、とても嬉しいです。

にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ

* 住まいブログランキング
* 一戸建住宅(施主)ブログランキング
* 一戸建 注文住宅(施主)ブログランキング

* インテリアブログランキング
* 北欧ナチュラルインテリアブログランキング


今日は、うちのキッチンを紹介しようと思います。2008年9月に販売された、Panasonicの『Living Station』です。パナソニックが、プロダクトデザイナー深澤直人さんと共同企画した、 システムキッチンです。深澤直人さんは、±0や無印良品の商品デザインも手掛けていま ... Read More

今日は、うちのキッチンを紹介しようと思います。

2008年9月に販売された、Panasonicの『Living Station』です。
パナソニックが、プロダクトデザイナー深澤直人さんと共同企画した、
システムキッチンです。

深澤直人さんは、±0や無印良品の商品デザインも手掛けています。

わたしはいいなと思うものが、調べてみると深澤さんのデザインだったということが、
これまでよくありました。

auの携帯電話のINFOBARやneon、±0の加湿器など、
デザインに惹かれて、愛用していたものもいろいろあります。
最近販売された、無印良品のキッチン家電もそうでした。
今ウチは、オーブンレンジの購入を悩んでいます。

  


わたし達は、キッチンの細部まで自分達で設計する自信も時間もなかったのと、
各メーカーが売りにしている最新機能や、お掃除のしやすさに惹かれ、
造作キッチンではなく、システムキッチンで検討を始めました。

設備のうち、結構大きな金額になるキッチンの金額を、早めに把握したかったのも、
システムキッチンを採用した大きな理由です。

わたし達がシステムキッチンを探し始めたのは、2008年の始め頃だったと思います。
ほとんどの有名なメーカーのキッチンは、実際にショールームを見に行ったり、
カタログを取り寄せたりして、検討しました。

ウチが最初にキッチンを探した際に、重視したポイントです。
・対面式のオープンキッチン
・デザインがシンプル
・ダイニング側に収納
・高すぎるお値段ではないもの

しかし、お値段・デザイン・機能すべてにおいて、納得のいくものには出会う事ができず、
キッチン選びが暗礁に乗り上げてしまった、2008年秋、
Living Stationが発表されました。



薄くて白いカウンタートップ、床から浮いたキャビネット。
シンプルな箱のようなキッチンは、まるで家具のようです。

ふたりともカタログで一目みて、このキッチンにしたい!と思いました。
本当に、このタイミングでのLiving Stationの発表には、今でも感謝しています。

このキッチンに出会わなかったら、もしかしたら造作に手を出していたかも・・・?

デザインはほぼ一目惚れでしたが、さらに嬉しいことが続きました。
わたしがキッチン選びでこだわっていた、ダイニング側から使うことができる収納が、
このフロートタイプにも、付けることが可能でした。

アイランドタイプ(壁に接さない)や、ペニンシュラタイプ(一部壁に接する)のキッチンは、
カウンターと一体となっていて、キッチンの奥行が広いものが多いです。

料理の配膳や片付けの時に便利なので、キッチンの奥行は広くしたかったのですが、
ウチは椅子を置いて、カウンターとして使う予定はなかったので、
カウンター下の空いたスペースが、もったいなく感じていたのです。

ちょっと分かりにくいですが、こんなタイプのキッチンのことです。



しかも、ダイニング側から取り出しやすいその場所には、
カトラリーや卓上調味料などを、置きたいと思っていたので、
オープンな飾り棚ではなく、隠せる収納が希望でした。

デザインも、ダイニング側の収納も、文句なしでしたが、あとはお値段・・・。
ドキドキしながらカタログを片手に、概算見積りを出してみると、
それまで検討していたシステムキッチンと、大差ない価格となりました。

そこからは、本当に一途に、Living Stationだけでした。
一応後悔のないように、ギリギリまで他のメーカーの新商品もチェックしましたが、
結局一度も他に浮気することなく、ウチのキッチンはLiving Stationとなりました。

ちなみに実際にキッチンを発注したのは、2010年秋。長いですね・・・。
約2年の間、カタログが変わるたびにチェックしていましたので、
ひさしぶりに今回、Living Stationのカタログをチェックしてみたのですが、
今でもすらすら探せるほど、得意でした。


長くなってしまったので、今回はここまでにしておこうかと思いますが、
文章ばかりになってしまったので、ウチのキッチンの写真を1枚。

P1260089.jpg

少しずつですが、仕様などもできるだけ詳しく紹介できたらと思っていますので、
気長にお待ちいただけたら嬉しいです。


参加しています。
→ トラコミュ  みんなのWeb内覧会

箇所別は、こちらです。
→ トラコミュ  WEB内覧会*玄関
→ トラコミュ  WEB内覧会*リビング
→ トラコミュ  WEB内覧会*ダイニング
→ トラコミュ  WEB内覧会*キッチン
→ トラコミュ  WEB内覧会*寝室
→ トラコミュ  WEB内覧会*子供部屋
→ トラコミュ  WEB内覧会*トイレ
→ トラコミュ  WEB内覧会*洗面所
→ トラコミュ  WEB内覧会*お風呂
→ トラコミュ  WEB内覧会*階段
→ トラコミュ  WEB内覧会*ワークスペース
→ トラコミュ  WEB内覧会*書斎
→ トラコミュ  WEB内覧会<和室>
→ トラコミュ  WEB内覧会*外観
→ トラコミュ  WEB内覧会*外構
→ トラコミュ  WEB内覧会<総合>

おうち設計中に、このトラコミュに出逢いたかったです。





今日も読んでいただき、ありがとうございます。
クリックして応援してくださると、とても嬉しいです。

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます。
これからは、『わたしとおうちについて』で述べた通り、
おうちの内覧会の記事も多くなりそうなので、
ブログランキングでの参加カテゴリーを、すこし見直そうと思っています。

住まいのカテゴリーはたくさんあって、どのカテゴリーで参加することが適当なのか、
悩んでいるので、すこし試行錯誤してみようと思っています。
北欧ナチュラルインテリア』と、『北欧』カテゴリーには、
引き続き参加させていただこうと思っていますので、
バナーのリンク先は、今まで通りにさせていただきます。
よろしくお願いします。




usagi worksの、新しい作品ができあがりました。 『おおきな木のぼたん 栗 ヘアゴム』です。 栗の木を削りだして、おおきなぼたんを作りました。 ぼたんの表面には、手仕事ならではの彫り跡が残っています。 存在感のある大きさで、木の素材の温かみが感じられるヘアゴ ... Read More
usagi worksの、新しい作品ができあがりました。
『おおきな木のぼたん 栗 ヘアゴム』です。

BK-1.jpg

栗の木を削りだして、おおきなぼたんを作りました。

ぼたんの表面には、手仕事ならではの彫り跡が残っています。

存在感のある大きさで、木の素材の温かみが感じられるヘアゴムです。

ひとつひとつ手作業で、丁寧に制作しています。

気に入っていただけたら嬉しいです。
BK-2.jpg
1・2・3・4・5からお好きなぼたんを、指定していただけます。
それぞれ木目や色などの、表情が違います。

ご自分用はもちろん、親しい人へのプレゼントや、
ちょっとしたお礼やお祝いなどにも、いかがでしょうか。
BK-3.jpg
裏は、滑らかな仕上がりになっています。

ゴムの色は、黒です。
ゴムが伸びた際には、付け替える事ができます。
お好きな太さのゴムに付け替えたり、紐やリボンを通して飾りにもできます。

BK-4.jpg

このような包装で、お届けします。
プレゼント用ラッピングにも、対応させていただきます。

BK-5.jpg

いろいろな使用例です。

髪留めはもちろん、手帳バンド、ストール留め、バックの飾り、アームバンド。
工夫次第で、他にもたくさんの使い方ができそうです。

サイズや素材などの詳細は、こちらの2つのサイトどちらでもご覧になれます。
よろしくお願いいたします。

iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット   





ちいさなシューモールド』に続く、夫の木工作品の第2段となります。

わたしが、こんな感じのヘアゴムがあったらいいな・・・とつぶやいた事がヒントとなり、
できあがった作品です。

大きめサイズで存在感があるので、シンプルなお洋服の時のアクセントとして、
とても重宝しています。

わたしは普段、一日中手首に付けて、
家事や手仕事の際に、すぐに髪を結べるようにしているのですが、
木のぬくもりを感じることができて、とても心地よいです。

最近ずっと、自分の作品の『くるみボタン ヘアゴム』を愛用していたのですが、
この『おおきな木のぼたん ヘアゴム』ができてからは、
気分によって替えることができるようになって、嬉しいです。





今日も読んでいただき、ありがとうございます。
クリックして応援してくださると、とても嬉しいです。

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ




今日はタイトル通りですが、わたしと家族とおうちにまつわることを、改めて少し書いてみようと思います。わたしは東北の出身で、大学入学で地元を離れ、卒業後は、東京の会社に就職しました。その後、結婚を機に主婦となり、夫の出身地である関東のはずれに引越しました。2 ... Read More

今日はタイトル通りですが、わたしと家族とおうちにまつわることを、
改めて少し書いてみようと思います。

わたしは東北の出身で、大学入学で地元を離れ、
卒業後は、東京の会社に就職しました。
その後、結婚を機に主婦となり、
夫の出身地である関東のはずれに引越しました。

2007年に娘を、2010年に息子を出産し、2児の母となりました。
そして2010年末に新居が完成し、アパートから今の家に引越しました。

この春、娘は小学1年生、息子は幼稚園の年少さんになりました。
わたし達夫婦も、30台後半になりました。

夫は普通のサラリーマンですが、小さい頃から細かい作業が好きだったようで、
今も暇さえあれば何かを作っています。
わたしも小さい頃から、手芸などの手作業が大好きで、いつも何かを作っています。

そんないつも何かを作ってきた、わたし達夫婦が、
自分達のためにだけでなく、人のためにものづくりがしたい。
わたし達の作品が、誰かのお気に入りになれたら嬉しい。
そう思って初めたのが、usagi worksです。


ものづくりが大好きなふたりが選んだ職業は、同じ建築の世界でした。
夫は、建築関係の会社に勤めています。
わたしも、主婦になる前は、建築の仕事をしていました。

そんなわたし達が、家を建てることになりました。

一級建築士の資格を持っているとはいえ、
ふたりともそれまで住宅の設計とは、全く縁がなかったのですが、
自分達の家は、やっぱり自分達で設計がしたいと思いました。

家は、わたし達の人生の中で、きっともっとも大きな買物です。

たぶん一生に一度きりの、設計の機会でしょうし、
これからずっと、その家に住むことになる訳ですから、
できる限り、じぶん達の好きなようにしたい気持ちもありました。

でも、せっかく理想の家を建てても、
それからの生活に、ある程度のゆとりがなければ楽しくないと思い、
自分達にとって無理のない金額で、できる限り理想に近い家を建てようとがんばりました。

家を理想に近づけようと思うと、どんどんお金が掛かります。
わたし達の家は、ローコストという程ではありませんが、
一般的な坪単価では建てることができたと思います。

そのために、時間だけはたくさん掛けて、できる限りのことをしました。
少し妥協して費用を抑えるところ、費用が掛かってもこだわるところを、
ほんとうに細かい部分まで、ひとつずつふたりで決定して、
自分達で作った見積もりと向き合いながら設計したのが、今のおうちです。



最初は雑貨と手仕事、次に家具などのインテリアと、
このブログでご紹介する内容も、徐々に変化してきましたが、
最近は設備や内装についても書いてみたいという気持ちが、だんだん芽生えました。
なのでその前に、わたしとおうちについて、すこし詳しく書いてみようかなと思いました。

これからは、家の設計でわたし達がこだわった所なども、
記事の中で、すこしずつ書いていけたらと思っています。
これから家を建てる方の、すこしでもお役にたてたら嬉しいなと思っています。

思いがけず、とても長い文章になってしまいましたが、
最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


今までは、WEB内覧会と呼べる程の記事はあまりなかったのですが、
すこし意識した記事も書いていけたらと、思っています。

→ トラコミュ  みんなのWeb内覧会


箇所別も、見やすくて便利ですね。

→ トラコミュ  WEB内覧会*玄関
→ トラコミュ  WEB内覧会*リビング
→ トラコミュ  WEB内覧会*ダイニング
→ トラコミュ  WEB内覧会*キッチン
→ トラコミュ  WEB内覧会*寝室
→ トラコミュ  WEB内覧会*子供部屋
→ トラコミュ  WEB内覧会*トイレ
→ トラコミュ  WEB内覧会*洗面所
→ トラコミュ  WEB内覧会*お風呂
→ トラコミュ  WEB内覧会*階段
→ トラコミュ  WEB内覧会*ワークスペース
→ トラコミュ  WEB内覧会*書斎
→ トラコミュ  WEB内覧会<和室>
→ トラコミュ  WEB内覧会*外観
→ トラコミュ  WEB内覧会*外構
→ トラコミュ  WEB内覧会<総合>

ウチにはない部屋もあるので、全部はムリですが、
すこしずつでも、ご紹介していけたらと思っています。





今日も読んでいただき、ありがとうございます。
クリックして応援してくださると、とても嬉しいです。

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ


楽天マラソン、今回は予定していたものを結局買えず、マラソン中にようやく決意したものも買えず、何だか消化不良・・・。なのに、気付いたら9店舗!?結構しっかり買っていたんだ、わたし(苦笑)。と、よく分からないまま終了となってしまいました。nani IROの生地、『JOY ... Read More

楽天マラソン、今回は予定していたものを結局買えず、
マラソン中にようやく決意したものも買えず、何だか消化不良・・・。
なのに、気付いたら9店舗!?
結構しっかり買っていたんだ、わたし(苦笑)。
と、よく分からないまま終了となってしまいました。

nani IROの生地、『JOY Flower』と、フェイクグリーンは予定通り購入しました。

    


『REDECKER』のほうき、ブルーム Mサイズのブラックは、やはりどこも在庫切れ。
Sサイズでもいいかな?と、夫に相談していたところ、意見の相違が発覚!

わたしはほうきとちりとりを、玄関にフックを付けて掛けておくつもりだったのですが、
どうやら夫にとってこのブルームは、昔から見慣れたほうきで素敵には見えないらしく、
出しっぱなしは断固拒否・・・。

結局、夫の説得に失敗。
ほうきとちりとりは、玄関のお隣の納戸にしまうことに。

そうなると、こんなに素敵じゃなくても?と、わたしのテンションまで下がってしまい、
1度近所のホームセンターで、お安いものもチェックしてみることにしました。

  

やっぱり素敵・・・ですよね?
すっかり自信がなくなってしまいました。

ちなみに今使用しているのは、ベルメゾン『ダストパン&ほうきセット』。
シンプルなデザインで、ナチュラルな雰囲気が素敵です。
ほうきとちりとりがセットで立てて置けて、とても便利だったのですが、
ほうきの形状と硬さが、わたしにとってはすこし使いにくかったです。





今はこのように、娘の自転車、息子のプラズマカーと共に、
玄関のたたきに、出しっぱなしです。
あらためて聞いてみたところ、これもどうやら夫的には、NGだったようです。

まぁ、よく考えると来客用スリッパと同じで、常に出しておかなければ不便なほど、
わたしも頻繁にお掃除をしていないし・・・(苦笑)

出しておかなくてもストレスがないなら、出さないほうがいいですね。


あとは、Teemaのシリアルボウルを4枚買い足そう!と、
マラソン中にやっと決断したのに、お目当てのカラーがなかなか見つからず断念。



マラソン中に思いついた、青梅は無事予約購入できました。
今年は、梅シロップと梅酒を作る予定です。



食材はまとめ買い派で、頻繁にスーパーに行かないため、
いい状態の梅を買い逃してしまっているような気がしていたので、
初めてネットで注文してみました。
スーパーで購入するよりもお高いですが、美味しくできたらいいなと期待しています。

それと、GW前半公園に出かけた際に気付いた、娘の帽子。




あとは、日用品や化粧品や食材などで、計9店舗。
やっぱりしっかり買っていますね。
TeemaとREDECKERを買えなかった事が、消化不良の原因のようです。


次はいつかなぁ?まだ届いていないものもあるのに、すでに物欲が・・・(笑)
楽天マラソンのおすすめトラコミュ、集めてみました。

→ トラコミュ  楽天買いまわりのオススメはコレ♪
→ トラコミュ  楽天マラソン買いまわりでポチ報告♪
→ トラコミュ  楽天激安セール情報!ゎココ ☆
→ トラコミュ  楽天マラソン対策はこれ♪
→ トラコミュ  楽天スーパーSALEのおすすめ情報!
→ トラコミュ  楽天ランキング人気のお取り寄せグルメ


さて今日は、母の日です。
夫と娘が2人で、夜ごはんを作ってくれるそうです。

息子は、幼稚園で描いた母の絵を、
「おたんじょうびおめでとう」と、言ってくれました。
おかあさんの日=おかあさんの誕生日だと思ったようです。





今日も読んでいただき、ありがとうございます。
クリックして応援してくださると、とても嬉しいです。

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ


usagi worksの新しい作品ができあがりました。 『手刺繍 コースター』です。    模様を刺繍したリネンで、コースターをつくりました。 ひとつひとつ丁寧に、手仕事で刺繍をしています。 気に入っていただけたら嬉しいです。 厚手のキルト芯を挟んでおりますので、冬の ... Read More
usagi worksの新しい作品ができあがりました。
『手刺繍 コースター』です。

  

模様を刺繍したリネンで、コースターをつくりました。
ひとつひとつ丁寧に、手仕事で刺繍をしています。
気に入っていただけたら嬉しいです。

厚手のキルト芯を挟んでおりますので、冬の温かい飲み物にももちろん、
リネンで吸水性もよいので、夏の冷たい飲み物にもお使いいただけると思います。

小さな花瓶や雑貨を飾る際の敷物にも、いかがでしょうか。



裏側は、しっかりとした綿麻キャンバスで仕立てました。

  

自宅用はもちろん、親しい人へのプレゼントや、
ちょっとしたお礼やお祝いなどにも、いかがでしょうか。



このような包装で、お届けします。
プレゼント用ラッピングにも、対応させていただきます。



お揃いのポットマットもございます。
よろしければご覧ください。

サイズや素材などの詳細は、こちらの2つのサイトどちらでもご覧になれます。
よろしくお願いいたします。

iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット   

usagi worksの作品は、今まではiichiさんで販売させて頂いてきましたが、
この度、minneさんでも、一部の作品については販売させて頂くことにしました。

どちらもとても素敵なサイトです。
よろしければ、一度ご覧になってみてください。





手刺繍 ポットマット』が完成してから、
なるべく早く、お揃いのコースターも仕上げたいと思っていたのに、
ずいぶん時間が掛かってしまいました。

4月は、時間があるようでない不思議な1ヶ月でした。
はりきっていろんなことに手を出し過ぎて、結局うまく時間が使えなかような気がして、
すこし反省しています。

すこしずつひとりの時間の使い方が、うまくなれたらと思っています。

そんな落ち着かないわたしとは反対に、夫はいつもよりも創作意欲が湧いているのか、
どんどん作品を作っています。

もうすこしで夫の木工でも、新しい作品をご紹介できそうです。

わたしも最近、毎日愛用しているのですが、
シンプルなのに可愛くて、お気に入りのアイテムとなりました。

そちらも楽しみにしていただけたら、嬉しいです。





今日も読んでいただき、ありがとうございます。
クリックして応援してくださると、とても嬉しいです。

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ


わたしには、20歳の時から毎年、お互いの誕生日にプレゼントを贈る友達がいます。大学で知り合った彼女は、今は関西で暮らしています。学生の頃は、それこそほぼ毎日一緒に過ごしていたわたし達も、卒業後はなかなか会えなくなり、最近では1年に1回、会えるか会えないか ... Read More



わたしには、20歳の時から毎年、お互いの誕生日にプレゼントを贈る友達がいます。
大学で知り合った彼女は、今は関西で暮らしています。
学生の頃は、それこそほぼ毎日一緒に過ごしていたわたし達も、
卒業後はなかなか会えなくなり、最近では1年に1回、会えるか会えないか・・・。

まだ独身で仕事をがんばっている彼女と、主婦のわたし。
なかなかお互いの今の趣味や生活が見えていないので、
わたしもそうなのですがですが、たぶん彼女も、
毎年のプレゼント選びには、すこし苦労しているのではないかと思います。

すでに彼女の誕生日に贈ったプレゼントは、十数個。
簡単に考えつくものはお互いすでに贈っていて、年々難易度は上がっています。

そして彼女の誕生日が、今年もやってきました。
同じく20歳からプレゼントを贈り合う友達と、今回は共同で贈ることとなり、
お互いに案を出し合い作戦会議を重ね、やっとプレゼントが決定しました。

Perrocalienteの 『Tempo Drop テンポドロップ』 です。

  

ストームグラスは、19世紀に一般的に使われてきた天候予測器で、
樟脳やエタノールをガラス管に密封して作られており、
気候の変化に反応して起きる結晶を観察する事で、役立てられていたそうです。

小説『海底二万マイル』の中でも、
ノーチラス号の中に設置されている、ストームグラスが登場しているのだとか。

実際には結晶化現象については謎が多い事がわかり、
いまだ詳細は研究途上とのことですが、そんなストームグラスを、
インテリアとして楽しめるのが、『Tempo Drop』です。

雫の形をしたガラスのオブジェは、
気温や気圧などの気象変化によって、中の結晶が変化するのだそうです。

小さな結晶、大きな結晶、たくさんできたり、少ししかできなかったり。
花のような形状の結晶だったり、小枝のような結晶だったり、葉のような結晶だったり。

そんな少しずつ日々変化する結晶が、
彼女を癒してくれたらと思い、プレゼントしました。

そして、気になる彼女からの反応は、
「雫の形が可愛くて最高!大事にします」とのことで、喜んでもらえたようです。
結晶が簡単にできるのか、ちょっと心配していたのですが、
彼女からすぐ結晶が出来たとの報告もきて、一安心です。

実は彼女も、わたし達のプレゼントに、
小さいサイズの『Tempo Drop mini』を、検討していたとのことで、
そんな偶然も、嬉しいエピソードとして加わりました。

  

昔のように誕生日を一緒に過ごすことはできないけれど、
プレゼントを贈ることで、大切な友達の誕生日を毎年お祝いできて嬉しいです。

最近は、とくにお祝いをするわけでもないので、
何気なく過ぎてしまうことの多い、自分の誕生日。

大切な友達から届くプレゼントは、そんなわたしの誕生日にも、
わたしをとても幸せな気持ちにしてくれます。

なかなか難しいことかも知れませんが、
このままおばあちゃんになるまで続いたら、素敵なことだなと思います。



やっぱりプレゼントは雑貨率が高いので、来年のプレゼント選びのためにも、
自分のためにも(笑)、いつもチェックしています。

→ トラコミュ  * ステキなインテリア&雑貨 *




今日も読んでいただき、ありがとうございます。
クリックして応援してくださると、とても嬉しいです。

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ


柳宗理氏デザインの、『バタフライスツール』。実は、ウチに一脚だけあります。このバタフライスツール、たしか十数年前、わたしが彼の誕生日にプレゼントしたものなのです。が、その彼と結婚したため、数年後にはわたしのもとに戻ってきました。当時、ふたりとも和風モダン ... Read More



柳宗理氏デザインの、『バタフライスツール』。
実は、ウチに一脚だけあります。

このバタフライスツール、たしか十数年前、
わたしが彼の誕生日にプレゼントしたものなのです。
が、その彼と結婚したため、数年後にはわたしのもとに戻ってきました。

当時、ふたりとも和風モダンのインテリアが好きで、奮発して購入したのですが、
独身だったからこそ奮発できたんだなと、今は思います。

しかも、当時よりも1万円くらい高くなっているような?!
どちらにしても、確実にウチで1番高価な椅子です。



2枚の成形合板を組み合わせた、シンプルな構造になっていて、
名前の通り、蝶が飛んでいるイメージのデザインです。



本当に素敵で、置いてあるだけで絵になる椅子だと思います。

が、こども達の遊びに使われてしまう場所には、怖くて置けないので、
今は玄関に、ひっそりと飾られています。



こども達がもうすこし大きくなったら、リビングに置きたいなと思っています。

この写真のスリッパは来客用なのですが、普段来客はほとんどないわが家。
来客用のスリッパを、常に玄関に出しっぱなしにする必要はないのかも・・・?
でもしまってしまうと、すっかり存在を忘れてしまいそうな自分が怖いです(苦笑)。

せっかく玄関には、このバタフライスツールや、
前にご紹介した、『Marimekko ファブリックパネル』があるのに、
じつは今の玄関、インテリア的にちょっと残念な感じなのです。

滞在時間が短いため、何となく後回しにしてしまっていたのですが、
これからすこしずつ、改善していきたいなと思っています。


素敵な玄関をたくさんみて、研究しようと思っています。

→ トラコミュ  みんなのWeb内覧会





今日も読んでいただき、ありがとうございます。
クリックして応援してくださると、とても嬉しいです。

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ